どこで勉強すればいい?心理学を学ぶ方法について


短大や大学で専攻する学び方が一般的

心理学の学び方として一般的な方法とされているのが、短大や大学で心理学を専攻する方法です。短大や大学を利用して勉強するメリットとしては、心理学の基礎を勉強できるところや心理学以外にも関連する学問も勉強することができるところだとされてます。特に大学の場合は一般的な心理学以外にも教育学科や人間福祉学科、社会福祉学科などを利用することで対象を特化して心理学を勉強することができるため、より専門的な分野で就職する時に有利になりやすいのです。

短大は大学と比較すると勉強できる期間は短いですが、基礎を身につけてすぐに社会で活用できるという点がメリットだと言えます。ただ短大はあくまでも基礎的な勉強となるため、専門的な学びを希望する場合は大学に編入するという方法もあります。

通信教育で自分のペースで学ぶ

短大や大学で心理学を学ぶ場合、学校に入学しなければいけないため費用や時間がかかってしまいます。仕事や家事をしながら自分のペースで心理学を学びたいという人は、通信教育を利用するという方法が効果的です。通信教育でも心理学の基礎を身につけることはできますし、教材を使って独学で知識を身につけていくことができるため自分のペースで勉強できるところが大きなメリットとされています。通信教育の場合は大学側が提供しているコースであることが多いため、時期によっては開かれている講習を受けることも可能です。

ほかにも通信教育を取り扱っている企業の教材やコースを利用する方法もあるので、自分が使いやすいサービスを選ぶことが大切です。

心理学の大学の中には、減らない不登校に対応して、多様な教育の在り方や新しい教育の形について研究する学校もあります。