どれが適切なのか?事業資金の選び方を紹介


ノンバンク系は借り入れを行いやすい

中小企業の方で事業資金に困っているのならノンバンク系の金融機関を利用してみましょう。ノンバンク系は文字通り銀行以外の金融機関を指す言葉です。消費者金融等が該当するので理解しておくと良いです。ノンバンク系ではビジネスローンという事業者向けの商品を扱っています。これはビジネス用途に使うことができるもので経営者などに向けて提供されています。基本的にビジネスローンは銀行よりも審査が甘めに設定されているので借り入れをしやすいです。あまり会社が大きくない方でも気軽に利用できるのがメリットです。注意点としてノンバンク系のビジネスローンは、銀行の融資よりも利率が高めに設定されています。そのため返済計画などをしっかり立てておかないと借金返済が苦しくなる可能性があるので注意しておきましょう。

安全に銀行から借り入れをしよう

銀行は実績のない人にお金を貸すことはまずないです。ただし保証がついているのなら借り入れをできる可能性があります。例えば一期目の決済が終了している企業の場合信用保証協会の保証を受けてから、銀行に融資をしてもらうと良いでしょう。信用保証協会は銀行から融資を受けるときに保証人の役割をしてくれます。借り入れを利用した企業が倒産をしてしまった場合信用保証協会が代位弁済を行ってくれるのがメリットです。銀行は貸し倒れするリスクを回避できるので実績があまりない企業でも銀行を利用できます。ちょっと手間がかかりますが、銀行なら利率も少ないので安心して借り入れができるでしょう。

事業資金は、ビジネスの原資となるお金です。事業を始めるときに独自に用意したり、金融機関から借りたりして調達します。